京都周辺気まぐれ風景

京都在住。地の利をいかして神社仏閣によく撮影に出かけます。

夏の青蓮院門跡さまで天然記念物の大楠に魅入る@2024

楠の緑が大好きな自分としては、
機会があれば一度お参りさせていただきたかったのが、
ここ、青蓮院門跡さまです。
市の天然記念物に指定されている大楠が5本もあります。
お近づきの印に、木の幹に触れたかったのですが、
どの木も直接幹に触れることが出来ないような場所にありました。
拝観させていただくと、境内には手入れが行き届いた立派なお庭が。
海外の観光客らしき方々が結構いらっしゃいましたが、
皆、静かにお庭を鑑賞してその場の雰囲気を堪能されているようでした。
あの場に身を置くと、自然とそうなってしまうような、
そんな魅力的な庭園です。
暑さも忘れてゆったりとお参りさせていただきました。
ありがたや。
使用機材は、Hasselblad X2D 100C + XCD38V これのみです。

↓Hasselblad X2D 100C + XCD38V

↓Hasselblad X2D 100C + XCD38V

↓Hasselblad X2D 100C + XCD38V

↓Hasselblad X2D 100C + XCD38V

↓Hasselblad X2D 100C + XCD38V

↓Hasselblad X2D 100C + XCD38V

↓Hasselblad X2D 100C + XCD38V

↓Hasselblad X2D 100C + XCD38V

↓Hasselblad X2D 100C + XCD38V

↓Hasselblad X2D 100C + XCD38V

↓Hasselblad X2D 100C + XCD38V

↓Hasselblad X2D 100C + XCD38V

↓Hasselblad X2D 100C + XCD38V

↓Hasselblad X2D 100C + XCD38V

↓Hasselblad X2D 100C + XCD38V

↓Hasselblad X2D 100C + XCD38V

↓Hasselblad X2D 100C + XCD38V

夏の白川沿いをぷらぷらとスナップ@2024

日曜日に訪れた一澤信三郎帆布さんの後は、
青蓮院門跡さんを拝観させて頂こうということで、
道中の白川沿いをスナップ。
7月は祇園祭の期間だからでしょうか、
川の上には「祭」の提灯がぶら下がっていて、
しだれ柳の枝といっちょに風に吹かれてゆらゆらと。
キレイな水が流れる川辺を歩くだけでも、
なんとなく涼しいような気分になりますね。
夏らしい風情を感じつつ、汗もかきながら、
スナップ撮影を楽しみました。
途中、撮影はしませんでしたが「明智光秀の塚」にも立ち寄り、
そのお守をされている傍の和菓子屋さん「餅寅」さんで
お饅頭を買ったり。素朴な味で美味しいお饅頭でした。
この日の機材は、
Hasselblad X2D 100C + XCD38V これのみです。
1枚目をクロップしたのが2枚目です。
一番手前の真ん中あたりの提灯にピンを合わせたのですが、
拡大すると後ろに行くほど少しずつボケが大きくなり、
結構立体感ある描写になっているのがわかります。
もっとクロップを活用するのも面白いかも。
兎に角良く写るレンズです。

↓Hasselblad X2D 100C + XCD38V

↓Hasselblad X2D 100C + XCD38V

↓Hasselblad X2D 100C + XCD38V

↓Hasselblad X2D 100C + XCD38V

↓Hasselblad X2D 100C + XCD38V

↓Hasselblad X2D 100C + XCD38V

建仁寺さま境内をちょっとだけお散歩スナップ@2024夏

西来院さまを拝観させて頂いた後は、
建仁寺さま境内をちょっとだけお散歩スナップです。
改めてこの純正65mmの描写を見直してみたり。

↓Hasselblad X2D 100C + XCD65

↓Hasselblad X2D 100C + XCD65

↓Hasselblad X2D 100C + XCD65

建仁寺塔頭の西来院さまを初参拝@2024夏

先にアップしたネタで、ライカ京都店に行く前に、
建仁寺塔頭寺院のひとつである西来院(せいらいいん)さまに初参拝です。
長らく非公開だったそうですが、
今年3月より特別拝観を実施されています。
ブルーボトルコーヒートラックが境内に入っており、
コーヒーが飲めるお寺さん、とのことにも興味がありました。
訪れてみると、ブルーボトルコーヒーのトラックと言うか屋台と言うか、
とにかくこれ、どうやってココに運び込んだん?
と思いましたが、コーヒーは買わずに入りました。
皆さん、コーヒーを持って建物に入る方が多かったのですが、
自分は溢さない自信が無かったものですから。小心者です。w
素晴らしい双龍図の天井画や金屏風など、芸術家さんの作品も
見応えたっぷり。すべて撮影は自由とのことでしたが、
大きな天井画を撮影出来るほどの超広角レンズは持っておりませんでした。
何か撮りようはあったのかもしれませんが、無理に撮ることはせず。
結構時間はあったので、ゆったりと庭園を眺めながら
贅沢な時間を過ごしました。
使用機材は、Hasselblad X2D 100C に純正レンズ2本。
XCD38V と XCD65 です。

↓Hasselblad X2D 100C + XCD38V

↓Hasselblad X2D 100C + XCD38V

↓Hasselblad X2D 100C + XCD38V

↓Hasselblad X2D 100C + XCD38V

↓Hasselblad X2D 100C + XCD38V

↓Hasselblad X2D 100C + XCD38V

↓Hasselblad X2D 100C + XCD38V

↓Hasselblad X2D 100C + XCD65

↓Hasselblad X2D 100C + XCD65

↓Hasselblad X2D 100C + XCD65

↓Hasselblad X2D 100C + XCD65

↓Hasselblad X2D 100C + XCD65

↓Hasselblad X2D 100C + XCD65

↓Hasselblad X2D 100C + XCD65

↓Hasselblad X2D 100C + XCD65

↓Hasselblad X2D 100C + XCD65

↓Hasselblad X2D 100C + XCD65

↓Hasselblad X2D 100C + XCD65

↓Hasselblad X2D 100C + XCD65

ライカと一澤信三郎頒布のコラボカメラバッグをゲット@2024夏

ネットのカメラ情報サイトで一斉に発表されたのが、先月27日のこと、
見た瞬間に心の中でつぶやきました。仕事中でしたから。w
「これは現物を拝見してみて、良さそうならゲットせねば!」
発売開始については「7月から発売」という結構漠然とした発表でしたので、
先週末の昼休みに、ライカ京都店へ電話で問い合わせ。
「現物を拝見することは出来ますか?」
「はい、既に2色の現物がありますので、実際に見てご検討頂けます。」と。
それならば行って触って前向きに検討せねば、ってことで、
土曜日の朝から行って来た次第です。
訪れてみると、しっかりディスプレイ台に並んでいました。
お店の方にお願いし、見せて頂いて、実際にカメラや長財布を入れてみたり、
自分なりの入れ方を試してみたり。
自分は長年、長財布を愛用しているので、これが前ポケットに入るといいなぁ、
と思っていたのですが、意外と小さいポケットで入りません。
メインの収納部には、クッションの中敷が入っているのですが、
これが収納部いっぱいいっぱいでは無く、ちょっと余裕があります。
ならばクッションの外に縦に入るか、と入れてみるとピッタリ。
収納部に入れてみたかったカメラはX2D+XCD65mmと、もう1本別にXCD38Vです。
「ライカさんのカメラじゃないんですが、入れてみてもいいですか?」
と尋ねると、快諾いただきました。
これがまた、ぎりぎりちょうどいっぱいいっぱいです。
想定していた用途で使えそうなので、ゲットとなりました。
翌日にはこのバッグで、一澤信三郎頒布のお店に伺うことになりました。
以前から家内が、トートバッグを見に行きたいと言っておりましたので、
付き合うことになりました。
お店の中では数名のスタッフさんの視線をひしひしと感じておりましたが、
一人の方から声をかけられました。
現物を初めて見ました。と。やはり寸法とポケットのことなどは、
イカの方と綿密な打ち合わせがあって決まったもので、
オリジナルサイズになっている、とのお話でした。
広報写真には無かったアングルのカットを含めて、以下にご紹介。

↑これだけのものがぎりぎり入ります。(百均老眼鏡もマストw)
もちろんこれらのものプラス、スマホも入ります。
このカットを撮影しているので、ここにはありませんが。
メイン収納部の前後が極端に膨らむような入れ方になると、
蓋のホックが留められなくなります。

↑クッションを取り出すと、背側にポケットがあります。
撮り忘れましたが、外側の背面にもポケットが付いています。

 

初夏の東福寺さん本堂周りをスナップ@2024

天得院さんでゆったりと桔梗のお庭を眺めた後は、
東福寺さん本堂をお参りさせて頂き、
その周辺をちょっとだけスナップ。
ハスの鉢からはお花が1本顔を出していました。
夏になると、三門前の思遠池でも沢山のハスが咲きますが、
この日はまだまだといった様子でした。
晴れたり曇ったりと、雲の多い空でしたが、
この時間には結構日差しがあって、蒸し暑く。
太陽にあたると元気になる自分にとては良い気候でした。
使用機材は、Hasselblad X2D 100C にレンズ2本、
Voigtlander NOKTON Vintage Line 75mm F1.5 Aspherical と、
Hasselblad XCD 2.5/38V です。

↓Hasselblad X2D 100C + Voigtlander NOKTON Vintage Line 75mm F1.5 Aspherical

↓Hasselblad X2D 100C + Voigtlander NOKTON Vintage Line 75mm F1.5 Aspherical

↓Hasselblad X2D 100C + Voigtlander NOKTON Vintage Line 75mm F1.5 Aspherical

↓Hasselblad X2D 100C + XCD38V

↓Hasselblad X2D 100C + XCD38V

↓Hasselblad X2D 100C + XCD38V

3年ぶりに天得院さまで桔梗を愛でる@2024

例年桔梗が咲くこの時期と、秋の紅葉色付く時期に
特別拝観をさせて頂ける天徳院さま。東福寺塔頭寺院です。
今年も「令和六年度 天得院『桔梗を愛でる特別拝観』」を
させて頂けるとのことで、この時期3年ぶりに訪れてみました。
このところ不安定な天候が続いていたせいか、
訪れてみると混雑は無く、ゆっくりとお参り、撮影をさせて頂きました。
ここでは珍しく白い桔梗も咲いていたりします。
何年か前には、ここで蚊にさされまくった記憶があるのですが、
この日は全く刺されること無く、落ち着いて桔梗を愛でることが出来ました。
使用機材は、Hasselblad X2D 100C にレンズ2本。
Hasselblad XCD38V と、
Voigtlander NOKTON Vintage Line 75mm F1.5 Aspherical VM です。
レンズ名長いです。w
この75mmの明るくコンパクトなレンズ、αで使うよりX2Dで使う方が、
いい感じです。絞り開放でのシャープネスに違いがあるような気がします。
特に同じ被写体で撮り比べたりはしていませんが、なんとなくの感覚です。
いい加減なオッサンの感覚ですから、話半分くらいに受け止めて頂けますと
幸いです。w
撮影後、PCにデータを転送する時点になって気づいたのは、
すべてRAWで撮ってしまっていたこと。日中の撮影は基本的にHEICで撮ろうと
決めていたのですが、前に夜の撮影をRAWで撮ってから、
設定を戻しておりませんでした。
このカメラのRAWはとにかくファイルサイズが超デカく、
PCのストレージを圧迫します。
できるだけHEIC形式を利用したいところですが、
最近、いい加減なオッサンぶりに磨きがかかってきております。
設定を良く確認せずに撮影スタートで、後から、「しまった!」となる
パターンが増えてきております。反省!

↓Hasselblad X2D 100C + XCD38V

↓Hasselblad X2D 100C + XCD38V

↓Hasselblad X2D 100C + XCD38V

↓Hasselblad X2D 100C + Voigtlander NOKTON Vintage Line 75mm F1.5 Aspherical VM

↓Hasselblad X2D 100C + Voigtlander NOKTON Vintage Line 75mm F1.5 Aspherical VM

↓Hasselblad X2D 100C + Voigtlander NOKTON Vintage Line 75mm F1.5 Aspherical VM

↓Hasselblad X2D 100C + Voigtlander NOKTON Vintage Line 75mm F1.5 Aspherical VM

↓Hasselblad X2D 100C + Voigtlander NOKTON Vintage Line 75mm F1.5 Aspherical VM

↓Hasselblad X2D 100C + Voigtlander NOKTON Vintage Line 75mm F1.5 Aspherical VM

↓Hasselblad X2D 100C + XCD38V

↓Hasselblad X2D 100C + XCD38V

↓Hasselblad X2D 100C + Voigtlander NOKTON Vintage Line 75mm F1.5 Aspherical VM

↓Hasselblad X2D 100C + Voigtlander NOKTON Vintage Line 75mm F1.5 Aspherical VM

↓Hasselblad X2D 100C + Voigtlander NOKTON Vintage Line 75mm F1.5 Aspherical VM

↓Hasselblad X2D 100C + Voigtlander NOKTON Vintage Line 75mm F1.5 Aspherical VM

↓Hasselblad X2D 100C + Voigtlander NOKTON Vintage Line 75mm F1.5 Aspherical VM