京都周辺気まぐれ風景

京都在住。地の利をいかして神社仏閣によく撮影に出かけます。

東高瀬川の水面に映る夜空の青

台風の影響で雨降りの日が続いておりましたが、
昨夜は晴れて澄んだ空色が広がっておりました。
川の水面に映る夜空の青を写真に収めようと
仕事帰りに立ち寄ったのは、松本酒造前の東高瀬川
1枚目のカット、左端に高くそびえるビルは
京セラ本社ビルです。
RX100M3とマンフロットのミニ三脚で。

↓RX100M3                                

↓RX100M3                                

 

玉田神社さまから臨む初夏の夕焼け空@2022

この日も仕事帰りに玉田神社さまをお詣り。
ちょうど夕空がいい具合に焼けそうでしたから、
立ち寄ってみました。
拝殿前からも西の空が焼ける様を眺めて、
ほっこりした気分になりました。
この日の機材は、
ほぼ常に仕事カバンに入っているRX100M3です。
シャドウ部を持ち上げるとちょっとノイジーだったりしますが、
RAWで撮ってそれなりに。

↓RX100M3                                       

↓RX100M3                                       

↓RX100M3                                       

↓RX100M3                                       

↓RX100M3                                       

Hasselbalad X2D の情報が出てきましたね

一部、リーク画像も出ているようですが、
1億画素でIBIS内蔵との噂ですね。
既にフジフィルムGFXでは1億画素機が存在しているので、
正常進化、想定どおり、ではありますし、
ボディ内手振れ補正も歓迎すべき機能なのですが、
懸念すべきはお高い万円になることです。
その懸念、って、既にお前は買うつもりなのか!?
って事になりますと、それはもう懐事情と相談しかありません。w
円安の影響もありますから、多分、相談の余地無く無理だと思いますが。
ただ、機能面で懸念すべき点、又は望むことがありますので、
ちょっとリストアップしてみます。
JPEG画像のAdobeRGB色域設定を可能にして欲しい
JPEG画像に低画素書き出しを追加して欲しい
   (常に1億画素の画像では、ストレージ容量がすぐに減りそう)
JPEG画像にクロップモード設定を反映して欲しい
・メカシャッターは無しでいいからローリングシャッター歪みを少なくして欲しい
   (現状の1/3秒をせめてα7S並みの1/30秒程度に)
何れも決して欲張りな要望ではないと思うんだけどなぁ...。

建仁寺さまで潮音庭や双龍図に見入る@2022

3週間ほど前の事でしょうか、
建仁寺さまをお参りしようと訪れたところ、
法要のために拝観中止となっており、
塔頭である両足院さまのみ拝観しておりました。
建仁寺さまへはその後、梅雨どきの雨の日に訪れたい
と考えておりましたが、この週末も曇り時々晴れ、
といった天候で、週間予報を見ても、雨マークがありません。
下手をするとこのまま梅雨明けか!?
と言う事にもなりかねませんし、
今後、海外や国内からも観光客でにぎわいそうなので、
今の内に行っておくか、となりました。
因みにこの日から、JR東海の「そうだ京都、行こう。」
キャンペーンのCMで取り上げられているようです。
主に撮りたかったのは、「潮音庭」と「双龍図」。
四方正面の庭「潮音庭」は青モミジが美しく、
もちろん秋の色付きも味わい深いのですが、
ここのモミジの色付きは、秋と言うより例年12月に入ってからで、
地元では、色付きが遅いモミジで知られております。
などと言いつつ、12月にも一度訪れたいと思いながら、
例年繁忙期になるので未だに行けずにおります。
法堂の天井には「双龍図」。創建800年を記念して、
2002年に描かれたそうですが、これがまた大迫力でした。
目的の撮影を果たせたことで、まずまず満足の日となりました。
使用機材は、
α7RIV + LEICA SUMMILUX-M 35mm F1.4 ASPH.FLE と、
α7S + TAMRON 17-28mm F/2.8 Di III RXD です。
カット数多めですがいつものように一気にアップします。

↓α7RIV + LEICA SUMMILUX-M 35mm F1.4 ASPH.FLE

↓α7RIV + LEICA SUMMILUX-M 35mm F1.4 ASPH.FLE

↓α7S + TAMRON 17-28mm F/2.8 Di III RXD

↓α7RIV + LEICA SUMMILUX-M 35mm F1.4 ASPH.FLE

↓α7S + TAMRON 17-28mm F/2.8 Di III RXD

↓α7RIV + LEICA SUMMILUX-M 35mm F1.4 ASPH.FLE

↓α7S + TAMRON 17-28mm F/2.8 Di III RXD

↓α7RIV + LEICA SUMMILUX-M 35mm F1.4 ASPH.FLE

↓α7RIV + LEICA SUMMILUX-M 35mm F1.4 ASPH.FLE

↓α7S + TAMRON 17-28mm F/2.8 Di III RXD

↓α7S + TAMRON 17-28mm F/2.8 Di III RXD

↓α7S + TAMRON 17-28mm F/2.8 Di III RXD

↓α7RIV + LEICA SUMMILUX-M 35mm F1.4 ASPH.FLE

↓α7S + TAMRON 17-28mm F/2.8 Di III RXD

↓α7S + TAMRON 17-28mm F/2.8 Di III RXD

↓α7RIV + LEICA SUMMILUX-M 35mm F1.4 ASPH.FLE

↓α7S + TAMRON 17-28mm F/2.8 Di III RXD

↓α7S + TAMRON 17-28mm F/2.8 Di III RXD

↓α7RIV + LEICA SUMMILUX-M 35mm F1.4 ASPH.FLE

↓α7RIV + LEICA SUMMILUX-M 35mm F1.4 ASPH.FLE

東高瀬川と松本酒造の夕景

尊王神社さまへ行った後の帰り道、
日没後の夕空がまだキレイだったので、
川に映り込む夕焼け色を撮りたいと思い、
こちらへ。
松本酒造さんの煙突ライトアップは、
人の目ではキレイに見えますが、
夜になって写真に撮ると明暗差が大き過ぎて、
ワンショットではちょっと厳しいんですよね。
夕空ならば明暗差が少しはマシになるので、
ワンショットで。
ただ、夕空の色って、ショボいモニターで見ると
全然ダメですよねぇ。自分のノートPCでもダメダメです。w

↓α7S + Voigtlander NOKTON classic 40mm F1.4 SC VM

↓α7S + Voigtlander NOKTON classic 40mm F1.4 SC VM

夕暮れどきの六尊王神社さまで紫陽花を愛でる@2022

先週金曜日のこと、仕事を早くに切り上げる事が出来たので、
夕暮れどきの紫陽花を撮りに行こうと、
職場から車で15分程のところにある、六尊王神社さまへ。
昨年もこの時期、この時間帯に訪れております。
人が少ないので、気兼ねなく写真を撮りやすいのはいいのですが、
境内には池がありますから、とにかく蚊が多い。
どこへ行っても蚊に好かれる体質なものですから、
このときも、仕事着のスラックスの上から、
特に太もも裏側を沢山刺されました。
中腰体制になると、スラックスのもも裏はぴったりしちゃうので、
蚊に刺され放題。
ちょっとじっくり撮ろうかと思っていたんですが、
これはもうたまらん!となって切り上げようとしたところに、
灯篭の灯りが灯りました。
あっ、これは撮っておかないと、とファインダーを覗こうとしたら
カメラを持つ右手にも蚊。
ちゃちゃっと撮って、ササッと逃げるように退散しました。
使用機材は、
α7S + Voigtlander NOKTON classic 40mm F1.4 SC VM
軽量コンビです。 

↓α7S + Voigtlander NOKTON classic 40mm F1.4 SC VM

↓α7S + Voigtlander NOKTON classic 40mm F1.4 SC VM

↓α7S + Voigtlander NOKTON classic 40mm F1.4 SC VM

↓α7S + Voigtlander NOKTON classic 40mm F1.4 SC VM

↓α7S + Voigtlander NOKTON classic 40mm F1.4 SC VM

↓α7S + Voigtlander NOKTON classic 40mm F1.4 SC VM

↓α7S + Voigtlander NOKTON classic 40mm F1.4 SC VM

ある初夏の晴れた日の氏神さまで@2022

鍼灸院に行った週末、
直ぐ近くの氏神さまをお参り。
鉢植え紫陽花の咲きっぷりが
なかなかええアンバイでした。

↓α7S + Voigtlander NOKTON classic 40mm F1.4 SC VM

↓α7S + Voigtlander NOKTON classic 40mm F1.4 SC VM

↓α7S + Voigtlander NOKTON classic 40mm F1.4 SC VM