京都周辺気まぐれ風景

京都在住。地の利をいかして神社仏閣によく撮影に出かけます。

真夏の氏神さま@2021

整体院へ行った帰り、
氏神さま境内のコインパーキングに駐車していたので、お参りも。
すると、茅の輪くぐりが出来ていました。
しっかりお参りさせていただきました。

↓α7S + Voigtlander NOKOTON classic 40mm F1.4 SC VM

f:id:gyaos55:20210801125122j:plain

↓α7S + Voigtlander NOKOTON classic 40mm F1.4 SC VM

f:id:gyaos55:20210801125727j:plain

 

炎天下の法金剛院で蓮の花を愛でる@2021

朝から猛暑のこの日、祇園祭の後祭もあり、
山鉾を撮りに行く選択肢もあったのですが、
この夏、炎天下で汗をかきながら、もうちょっと蓮の花を撮りたい!
ってことで、法金剛院さまに。
9時過ぎの到着でしたが、山門すぐ隣の駐車場は既に満車。
ちょっとだけ離れたところにある第二駐車場には余裕で止める事ができました。
撮影を楽しんでいると、おじさんに声をかけれらました。
ってか自分も十分過ぎるほどおっさんですが、
声をかけてきた方は、おそらく自分より10年ほど年上でしょうか。
「ちょっとお聞きしたいんですけど、それは6✖️6サイズなんですか?」
「いや、そんなに大きいセンサーでは無いんです。44✖️33ですので。」
見ると、α7IIかIIIだと思うんですが、アダプター経由でヤシコンツァイスを
装着されています。
「アダプターで純正以外のレンズも使えるんですか」
「使えることは使えるんですけど、純正はレンズシャッターですので、
純正以外だと、電子シャッターになってしまうんです。」
「あー、そうなんですか。このカメラに興味があったもので、
持っている人を見かけたら聞いてみようと思っていました。
どうですか?使い心地は。」
「発色がとにかく自然でいい絵を出してくれますよ。」
なんて会話がありました。
ご夫婦でいらっしゃっていたようですので、この程度の会話で、
話し込むことはありませんでしたが、カメラ機材あるある会話ですね。w
ってことで、使用機材は、Hasselblad X1DII にレンズ2本。
XCD45P と、
Voigtlander NOKTON Vintage Line 75mm F1.5 Aspherical VM です。
今回はRAW現像はせずに、全カットJPEGからです。
撮って出しJPEGは結構コントラスト高めで、炎天下の撮影だと
黒つぶれしやすいですね。
持ち上げるとJPEGからの調整でもそこそこ出てくるんですが、
これもある程度は味ってことで。

↓Hasselblad X1DII + XCD 45P

f:id:gyaos55:20210723092313j:plain

↓Hasselblad X1DII + XCD 45P

f:id:gyaos55:20210723092428j:plain

↓Hasselblad X1DII + XCD 45P

f:id:gyaos55:20210723092516j:plain

↓Hasselblad X1DII + XCD 45P

f:id:gyaos55:20210723092624j:plain

↓Hasselblad X1DII + XCD 45P

f:id:gyaos55:20210723092655j:plain

↓Hasselblad X1DII + XCD 45P

f:id:gyaos55:20210723093949j:plain

↓Hasselblad X1DII + Voigtlander NOKTON Vintage Line 75mm F1.5 Aspherical VM

f:id:gyaos55:20210723094431j:plain

↓Hasselblad X1DII + Voigtlander NOKTON Vintage Line 75mm F1.5 Aspherical VM

f:id:gyaos55:20210723094709j:plain

↓Hasselblad X1DII + Voigtlander NOKTON Vintage Line 75mm F1.5 Aspherical VM

f:id:gyaos55:20210723095646j:plain

↓Hasselblad X1DII + Voigtlander NOKTON Vintage Line 75mm F1.5 Aspherical VM

f:id:gyaos55:20210723095656j:plain

↓Hasselblad X1DII + Voigtlander NOKTON Vintage Line 75mm F1.5 Aspherical VM

f:id:gyaos55:20210723095928j:plain

↓Hasselblad X1DII + Voigtlander NOKTON Vintage Line 75mm F1.5 Aspherical VM

f:id:gyaos55:20210723100047j:plain

↓Hasselblad X1DII + Voigtlander NOKTON Vintage Line 75mm F1.5 Aspherical VM

f:id:gyaos55:20210723100551j:plain

↓Hasselblad X1DII + Voigtlander NOKTON Vintage Line 75mm F1.5 Aspherical VM

f:id:gyaos55:20210723100959j:plain

↓Hasselblad X1DII + Voigtlander NOKTON Vintage Line 75mm F1.5 Aspherical VM

f:id:gyaos55:20210723101128j:plain

↓Hasselblad X1DII + Voigtlander NOKTON Vintage Line 75mm F1.5 Aspherical VM

f:id:gyaos55:20210723101841j:plain

 

またまた勝林寺さまの花手水や青もみじなどを愛でる@2021

長引く五十肩の夜間痛による慢性的な睡眠不足が少々深刻になっており、
写欲は少々減退ぎみだったのですが、この日の天気予報は久々の晴れ。
梅雨も明けたとのことだったので、
久々に晴天下で写真を撮ったら気持ちいいだろうなぁ、
ってことで、比較的近くにある勝林寺さまへ。
この日も花手水のお花入れ替え日とのことで、
またまたお参りさせていただきました。
なんでしょうね、あのゴージャス盛り盛りの花手水には
惹かれるものがあります。
小さな境内ですが、なんとなく居心地もいいんですよね。
出発時点では予報どおりの晴れ。
車を走らせ、近づくにつれ、雲行きが怪しくなり、
到着から間もなく、雨が降り出す始末。
いやいや、青空バックの青もみじとか、久々に撮りたかったのに、
なんなん!?晴れるんと違ごたん!?どういうこっちゃ!
天気予報、だだ外れ(おっさん関西弁)やがな!
絶対この参拝者の中に、強い雨男とかおるんとちゃうか!
あっ、それワシやった。ごめんなさい。
少しだけ本堂下で雨宿りさせていただくと、すぐに止みましたが、
曇り空での撮影となり、ここ最近の写真とあまり変わり映えしないカットに。
この日は、先日の勧修寺に持ち出したのと同じレンズ2本に加え、
広角28mmも。
ボディはα7RIVです。
Voigtlander ULTRON 28mm F2 VM
Voigtlander NOKTON 40mm F1.2 Aspherical
SONY FE 135mm F1.8 GM、この3本で。

↓α7RIV + Voigtlander NOKTON 40mm F1.2 Aspherical

f:id:gyaos55:20210717105825j:plain

↓α7RIV + Voigtlander NOKTON 40mm F1.2 Aspherical

f:id:gyaos55:20210717110057j:plain

↓α7RIV + Voigtlander NOKTON 40mm F1.2 Aspherical

f:id:gyaos55:20210717110208j:plain

↓α7RIV + Voigtlander NOKTON 40mm F1.2 Aspherical

f:id:gyaos55:20210717110247j:plain

↓α7RIV + Voigtlander NOKTON 40mm F1.2 Aspherical

f:id:gyaos55:20210717110437j:plain

↓α7RIV + Voigtlander NOKTON 40mm F1.2 Aspherical

f:id:gyaos55:20210717110657j:plain

↓α7RIV + Voigtlander NOKTON 40mm F1.2 Aspherical

f:id:gyaos55:20210717110921j:plain

↓α7RIV + Voigtlander NOKTON 40mm F1.2 Aspherical

f:id:gyaos55:20210717111052j:plain

↓α7RIV + Voigtlander NOKTON 40mm F1.2 Aspherical

f:id:gyaos55:20210717111118j:plain

↓α7RIV + FE 135mm F1.8 GM                        

f:id:gyaos55:20210717111408j:plain

↓α7RIV + FE 135mm F1.8 GM                        

f:id:gyaos55:20210717111509j:plain

↓α7RIV + FE 135mm F1.8 GM                        

f:id:gyaos55:20210717111621j:plain

↓α7RIV + FE 135mm F1.8 GM                        

f:id:gyaos55:20210717111655j:plain

↓α7RIV + FE 135mm F1.8 GM                        

f:id:gyaos55:20210717111743j:plain

↓α7RIV + FE 135mm F1.8 GM                        

f:id:gyaos55:20210717111945j:plain

↓α7RIV + FE 135mm F1.8 GM                        

f:id:gyaos55:20210717112048j:plain

↓α7RIV + FE 135mm F1.8 GM                        

f:id:gyaos55:20210717112216j:plain

↓α7RIV + FE 135mm F1.8 GM                        

f:id:gyaos55:20210717112706j:plain

↓α7RIV + FE 135mm F1.8 GM                        

f:id:gyaos55:20210717113026j:plain

↓α7RIV + FE 135mm F1.8 GM                        

f:id:gyaos55:20210717113111j:plain

↓α7RIV +Voigtlander ULTRON 28mm F2 VM

f:id:gyaos55:20210717114939j:plain

↓α7RIV +Voigtlander ULTRON 28mm F2 VM

f:id:gyaos55:20210717115026j:plain

↓α7RIV + FE 135mm F1.8 GM                    

f:id:gyaos55:20210717111813j:plain↓α7RIV + FE 135mm F1.8 GM                              

f:id:gyaos55:20210717111835j:plain

↓α7RIV + FE 135mm F1.8 GM                        

f:id:gyaos55:20210717111859j:plain

観修寺で睡蓮や蓮や紫陽花を楽しむ@2021

水面に映り込むシンメトリーの睡蓮を撮りたくて、
観修寺をお参りしてきました。
生憎の曇り空でしたが、紫陽花には似合ってます。
で、お目当てのカットを撮るには、
キレイに咲いた睡蓮の花
花までの距離が遠すぎない
花の手前に葉などの遮るものが無い
水面が動いていない
などの条件が必要になるわけですが、
これらの条件を満たす花がありました。
近くに鯉が泳いでいると、水面が揺れるので、
そんなこともきにしながら、
でも風がほとんど吹いていなかったのも好条件でした。
使用機材は、
α7RIVにレンズ2本。
Voigtlander NOKTON 40mm F1.2 Aspherical と、
FE 135mm F1.8 GM です。

↓α7RIV + Voigtlander NOKTON 40mm F1.2 Aspherical 

f:id:gyaos55:20210710112252j:plain

↓α7RIV + Voigtlander NOKTON 40mm F1.2 Aspherical 

f:id:gyaos55:20210710112421j:plain

↓α7RIV + Voigtlander NOKTON 40mm F1.2 Aspherical 

f:id:gyaos55:20210710112617j:plain

↓α7RIV + Voigtlander NOKTON 40mm F1.2 Aspherical 

f:id:gyaos55:20210710112841j:plain

↓α7RIV + Voigtlander NOKTON 40mm F1.2 Aspherical 

f:id:gyaos55:20210710112913j:plain

↓α7RIV + Voigtlander NOKTON 40mm F1.2 Aspherical 

f:id:gyaos55:20210710113038j:plain

↓α7RIV + Voigtlander NOKTON 40mm F1.2 Aspherical 

f:id:gyaos55:20210710113200j:plain

↓α7RIV + Voigtlander NOKTON 40mm F1.2 Aspherical 

f:id:gyaos55:20210710113622j:plain

↓α7RIV + FE 135mm F1.8 GM                 

f:id:gyaos55:20210710113941j:plain

↓α7RIV + FE 135mm F1.8 GM                 

f:id:gyaos55:20210710114219j:plain

↓α7RIV + FE 135mm F1.8 GM                 

f:id:gyaos55:20210710114453j:plain

↓α7RIV + FE 135mm F1.8 GM                 

f:id:gyaos55:20210710114832j:plain

↓α7RIV + FE 135mm F1.8 GM                 

f:id:gyaos55:20210710115207j:plain

↓α7RIV + FE 135mm F1.8 GM                 

f:id:gyaos55:20210710115612j:plain

 

今年も天得院の桔梗を愛でてきた@2021

勝林寺さまで癒された後は、近くの天得院へ歩いて。
道中にある綺麗な青モミジを撮ったりしながらお散歩撮影。
昨年もちょうど今頃、訪れたのですが、
雨風が強かった後だったので、
殆どの桔梗が倒れてしまってたのを記憶しております。
更に昨年は、本堂内では、何か芸術家さんの作品展示もあったりで、
結構混雑しておりました。
今年はそのあたりの懸念があったので、
ちょっと覗いてみて、混んでいるようならやめておこうという
つもりで訪れたのですが、空いておりました。
私が訪れたタイミングでは、お一人のみ。
で、さらには、すべての桔梗には、目立たないような色で、
転倒防止措置が施してあって、そのご苦労が伺えました。
ありがたや。
そうそう、この時期何度か訪れていて、
もうひとつ気になっていたのは、蚊が多いことです。
もともと蚊に好かれる体質の自分は、ここでいつも
総攻撃にあっておりましたが、この日は何故か、
全く刺されませんでした。どうしたころやら。
でも、やっぱりありがたや。
そんなことで、静かな雰囲気の中、
ゆっくり撮影を楽しませていただきました。
使用機材は、LEICA Q と、α7RIVにはレンズ2本。
LEICA SUMMILUX-M 50mm F1.4 ASPH. と、
SONY FE 85mm F1.4 GM です。

↓α7RIV + FE 85mm F1.4 GM                        

f:id:gyaos55:20210703112525j:plain

↓α7RIV + FE 85mm F1.4 GM                        

f:id:gyaos55:20210703112836j:plain

↓α7RIV + FE 85mm F1.4 GM                        

f:id:gyaos55:20210703112928j:plain

↓α7RIV + FE 85mm F1.4 GM                        

f:id:gyaos55:20210703113000j:plain

↓α7RIV + FE 85mm F1.4 GM                        

f:id:gyaos55:20210703113029j:plain

↓α7RIV + FE 85mm F1.4 GM                        

f:id:gyaos55:20210703113343j:plain

↓α7RIV + FE 85mm F1.4 GM                        

f:id:gyaos55:20210703113500j:plain

LEICA Q                  

f:id:gyaos55:20210703114326j:plain

↓α7RIV + FE 85mm F1.4 GM                        

f:id:gyaos55:20210703114550j:plain

↓α7RIV + LEICA SUMMILUX-M 50mm F1.4 ASPH. 

f:id:gyaos55:20210703114644j:plain↓α7RIV + LEICA SUMMILUX-M 50mm F1.4 ASPH.

f:id:gyaos55:20210703114836j:plain

↓α7RIV + LEICA SUMMILUX-M 50mm F1.4 ASPH.

f:id:gyaos55:20210703114907j:plain

↓α7RIV + LEICA SUMMILUX-M 50mm F1.4 ASPH.

f:id:gyaos55:20210703115510j:plain

↓α7RIV + LEICA SUMMILUX-M 50mm F1.4 ASPH.

f:id:gyaos55:20210703120010j:plain

↓α7RIV + LEICA SUMMILUX-M 50mm F1.4 ASPH.

f:id:gyaos55:20210703120449j:plain

↓α7RIV + LEICA SUMMILUX-M 50mm F1.4 ASPH.

f:id:gyaos55:20210703120628j:plain

↓α7RIV + LEICA SUMMILUX-M 50mm F1.4 ASPH.

f:id:gyaos55:20210703120659j:plain

2週連続で勝林寺さまの花手水、今度は夏バージョンを愛でる@2021

週週末にその盛り盛りのゴージャスな魅力に惹かれた、
東福寺塔頭勝林寺さまの花手水が、今度は夏バージョンに変わったとのことで、
2週連続で訪れてみました。
また違った雰囲気ながら、やっぱり盛り盛りゴージャスな魅力は変わりなく。
前週には無かった桔梗の鉢もありました。
引き続き、レインアートも見ることができるのですが、
そのためには柄杓で水をかけてみる必要があります。
どうやらそのために、盛り盛りの花をかき分けて柄杓がつっこまれたような
形跡があって、ちょっと崩れているところがあったので、
花手水全体を納めるアングルはありません。
使用機材は、
α7RIV + FE 85mm F1.4 GM と、
LEICA Q です。

LEICA Q                                                         

f:id:gyaos55:20210703105752j:plain

LEICA Q                                                         

f:id:gyaos55:20210703105833j:plain

LEICA Q                                                         

f:id:gyaos55:20210703105858j:plain

↓α7RIV + FE 85mm F1.4 GM

f:id:gyaos55:20210703110116j:plain

↓α7RIV + FE 85mm F1.4 GM

f:id:gyaos55:20210703110143j:plain

↓α7RIV + FE 85mm F1.4 GM

f:id:gyaos55:20210703110150j:plain

↓α7RIV + FE 85mm F1.4 GM

f:id:gyaos55:20210703110255j:plain

↓α7RIV + FE 85mm F1.4 GM

f:id:gyaos55:20210703110943j:plain

↓α7RIV + FE 85mm F1.4 GM

f:id:gyaos55:20210703111057j:plain

↓α7RIV + FE 85mm F1.4 GM

f:id:gyaos55:20210703111142j:plain

↓α7RIV + FE 85mm F1.4 GM

f:id:gyaos55:20210703111207j:plain

↓α7RIV + FE 85mm F1.4 GM

f:id:gyaos55:20210703111254j:plain

↓α7RIV + FE 85mm F1.4 GM

f:id:gyaos55:20210703111645j:plain

 

東福寺塔頭 勝林寺さまで盛り盛りの花手水を愛でるなど@2021

ツィッターのご縁で教えて頂いた、ここ勝林寺さまを
初めてお参りしてきました。
ちょうど花手水の入れ替えだったようで、
結構な人が盛り盛りのお花目当てに参拝されていました。
あんなにボリューミーな花手水は、初めて見たかも。
手水舎手前の足元には、レインアートと称して、
水に濡れると絵柄が現れるオサレな催しも。
大賀蓮の鉢もあって、綺麗に咲いておりました。
小さな境内ですが、見所がいろいろあって、
しっかり楽しんできました。
使用機材は、Hasselblad X1DII にレンズ2本。
XCD45P と、
Voigtlander NOKTON Vintage Line 75mm F1.5 Aspherical VM です。
今回は殆どのカットをJPEGから微調整か、リサイズのみです。
ノクトン75mmのカットでは周辺光量落ち未調整となっております。
今回はノクトンを手持ちでどの程度運用できるか、試してみました。
純正レンズ以外は電子シャッターになるので、
1 / 3 秒もあるローリングシャッター歪みを心配しましたが、
予想以上に結構問題無さそうな。
今後もうちょっと積極的に使っていこうと思います。

↓Hasselblad X1DII + XCD 45P                          

f:id:gyaos55:20210626112520j:plain

↓Hasselblad X1DII + XCD 45P                          

f:id:gyaos55:20210626112554j:plain

↓Hasselblad X1DII + XCD 45P                          

f:id:gyaos55:20210626112836j:plain

↓Hasselblad X1DII + XCD 45P                          

f:id:gyaos55:20210626113054j:plain

↓Hasselblad X1DII + XCD 45P                          

f:id:gyaos55:20210626113231j:plain

↓Hasselblad X1DII + XCD 45P                          

f:id:gyaos55:20210626113254j:plain

↓Hasselblad X1DII + NOKTON Vintage Line 75mm F1.5 Aspherical VM 

f:id:gyaos55:20210626114042j:plain

↓Hasselblad X1DII + NOKTON Vintage Line 75mm F1.5 Aspherical VM

f:id:gyaos55:20210626114117j:plain

↓Hasselblad X1DII + NOKTON Vintage Line 75mm F1.5 Aspherical VM

f:id:gyaos55:20210626114156j:plain

↓Hasselblad X1DII + NOKTON Vintage Line 75mm F1.5 Aspherical VM

f:id:gyaos55:20210626114314j:plain

↓Hasselblad X1DII + NOKTON Vintage Line 75mm F1.5 Aspherical VM

f:id:gyaos55:20210626114425j:plain

↓Hasselblad X1DII + NOKTON Vintage Line 75mm F1.5 Aspherical VM

f:id:gyaos55:20210626114501j:plain

↓Hasselblad X1DII + NOKTON Vintage Line 75mm F1.5 Aspherical VM

f:id:gyaos55:20210626114742j:plain

↓Hasselblad X1DII + NOKTON Vintage Line 75mm F1.5 Aspherical VM

f:id:gyaos55:20210626114822j:plain

↓Hasselblad X1DII + NOKTON Vintage Line 75mm F1.5 Aspherical VM

f:id:gyaos55:20210626115029j:plain

↓Hasselblad X1DII + NOKTON Vintage Line 75mm F1.5 Aspherical VM

f:id:gyaos55:20210626115059j:plain

↓Hasselblad X1DII + NOKTON Vintage Line 75mm F1.5 Aspherical VM

f:id:gyaos55:20210626115131j:plain

 

↓Hasselblad X1DII + NOKTON Vintage Line 75mm F1.5 Aspherical VMf:id:gyaos55:20210626115833j:plain

↓Hasselblad X1DII + NOKTON Vintage Line 75mm F1.5 Aspherical VM

f:id:gyaos55:20210626115859j:plain

↓Hasselblad X1DII + NOKTON Vintage Line 75mm F1.5 Aspherical VM

f:id:gyaos55:20210626115933j:plain

↓Hasselblad X1DII + NOKTON Vintage Line 75mm F1.5 Aspherical VM

f:id:gyaos55:20210626120029j:plain

↓Hasselblad X1DII + NOKTON Vintage Line 75mm F1.5 Aspherical VM

f:id:gyaos55:20210626120144j:plain

↓Hasselblad X1DII + NOKTON Vintage Line 75mm F1.5 Aspherical VM

f:id:gyaos55:20210626120531j:plain

↓Hasselblad X1DII + NOKTON Vintage Line 75mm F1.5 Aspherical VM

f:id:gyaos55:20210626121220j:plain

↓Hasselblad X1DII + NOKTON Vintage Line 75mm F1.5 Aspherical VM

f:id:gyaos55:20210626121437j:plain