京都周辺気まぐれ風景

京都在住。地の利をいかして神社仏閣によく撮影に出かけます。

北野天満宮で早咲きの梅などを愛でる@2020

待てど暮らせど、雪は降らず。
雪の冬景色を撮れないまま、梅の季節が近くなってきました。
暖冬なので、蝋梅の開花も早めだろうと思い、
北野天満宮に行ってきました。
ところが蝋梅はまだまだ蕾が多い状態。
良く調べてみると、蝋梅の開花は例年より遅めだそうですね。
開花には、一旦しっかり冷え込むことも大切だそうで。
で、ちらほらと咲く、早咲きの梅を撮ってきました。
使用機材は、α7Sにレンズ1本のみ。
Voigtlander NOKTON 40mm F1.2 Aspherical です。
11月下旬に、あるお寺で木の板の廊下に40cmくらいの高さから
カメラごと落下させてしまい、ちょっとヘリコイドが重くなっておりましたが、
ぐりぐり動かすウチにちょっと軽さが戻ってきて、
特に片ボケやピント部のシャープネスが落ちている様子も無いので、
このまま使い続けることにしました。

↓α7S + Voigtlander NOKTON 40mm F1.2 Asphericalf:id:gyaos55:20200118115556j:plain

↓α7S + Voigtlander NOKTON 40mm F1.2 Asphericalf:id:gyaos55:20200118115637j:plain

↓α7S + Voigtlander NOKTON 40mm F1.2 Asphericalf:id:gyaos55:20200118120813j:plain

↓α7S + Voigtlander NOKTON 40mm F1.2 Asphericalf:id:gyaos55:20200118120907j:plain

↓α7S + Voigtlander NOKTON 40mm F1.2 Asphericalf:id:gyaos55:20200118121017j:plain

↓α7S + Voigtlander NOKTON 40mm F1.2 Asphericalf:id:gyaos55:20200118121105j:plain

↓α7S + Voigtlander NOKTON 40mm F1.2 Asphericalf:id:gyaos55:20200118121215j:plain

↓α7S + Voigtlander NOKTON 40mm F1.2 Asphericalf:id:gyaos55:20200118121352j:plain

↓α7S + Voigtlander NOKTON 40mm F1.2 Asphericalf:id:gyaos55:20200118121443j:plain

↓α7S + Voigtlander NOKTON 40mm F1.2 Asphericalf:id:gyaos55:20200118121911j:plain

↓α7S + Voigtlander NOKTON 40mm F1.2 Asphericalf:id:gyaos55:20200118122221j:plain

↓α7S + Voigtlander NOKTON 40mm F1.2 Asphericalf:id:gyaos55:20200118122534j:plain

 

五龍閣でお食事など@2020

成人式の日、お墓参りに行きましたが、
東山五条周辺の観光客が、いつもよりかなり少ない。
それはらば、と言う事で、墓参りを済ませた後に、
「夢二カフェ五龍閣」に行って、お昼ごはんとコーヒーをいただいてきました。
食事と、もうひとつの目的は、オサレな建物を見たり撮ったり。
ここで、TAMRON 17-28mm F/2.8 Di III RXD が初出動となりました。

↓α7RIV + TAMRON 17-28mm F/2.8 Di III RXDf:id:gyaos55:20200113112813j:plain

↓α7RIV + TAMRON 17-28mm F/2.8 Di III RXDf:id:gyaos55:20200113130027j:plain

↓α7RIV + TAMRON 17-28mm F/2.8 Di III RXDf:id:gyaos55:20200113130118j:plain

↓α7RIV + TAMRON 17-28mm F/2.8 Di III RXDf:id:gyaos55:20200113130138j:plain

↓α7RIV + TAMRON 17-28mm F/2.8 Di III RXDf:id:gyaos55:20200113130701j:plain

↓α7RIV + TAMRON 17-28mm F/2.8 Di III RXDf:id:gyaos55:20200113135512j:plain

↓α7RIV + TAMRON 17-28mm F/2.8 Di III RXDf:id:gyaos55:20200113140151j:plain

↓α7RIV + TAMRON 17-28mm F/2.8 Di III RXDf:id:gyaos55:20200113140644j:plain

↓α7RIV + TAMRON 17-28mm F/2.8 Di III RXDf:id:gyaos55:20200113140853j:plain

 

遅めのサンタさん(新機材導入!)

6日の仕事始めから、大阪、地元市内、東京、三重と3日間飛び回り、
ようやく年始の挨拶回りを無事に終えました。
年末にはボロ雑巾のように働き、
年末年始にはもちろん休みはしましたが、
この挨拶回りを終えるまでは、気持ちの上では
年末バタバタの続きに感じるわけです。
それが終わってようやくホッと出来るのが、毎年恒例です。
年末にはボーナスで小銭を手にしながらも、
いつもなら、「繁忙期写真機材物欲増幅症」にかかるところですが、
体調不良も手伝って、物欲さえも失せる状況が続いておりました。
年があけて、2~3日経ってから、ようやく体調が回復し、
同時に物欲も回復!www
で、年始のお休み最終日だった5日は、遅めのサンタさんが。
TAMRON 17-28mm F/2.8 Di III RXD (Model A046) です。

f:id:gyaos55:20200109140254j:plain
入手に至った経緯としましては、
一昨年の夏に、標準ズーム1本くらいは持っておこうと、
同じくTAMRONの 28-75mm F/2.8 Di III RXD(Model A036)を入手しましたが、
これが意外と気に入っておりまして、単焦点派の自分として珍しく、
このズームレンズを持ち出す機会が結構ありました。
以前なら、必要性のあるとき以外にズームを持ち出すことは、
殆ど無かったのですが、その描写が気に入って使っておりました。
その描写を「性能」として見てみると、絞っても周辺の甘さが残るあたりは、
純正のGMズームに比べると、そりゃぁ明らかに劣るところはあるわけですが、
「性能」では無く、「味」としてみることも出来るわけで、
個人的にはこの味は、アリだったのです。
で、今回入手の17-28mmは、方々のレビューを見ていると、
周辺まで結構きっちり解像してくれるし、ズーム幅の狭さを許容出来るなら、
性能面では不満ナシ、というような評判が多いようなので、
これは持っておくか、となりました。
まだ持ち出すことが出来ておりませんが、
ちょくちょく使っていくなかでまた、使用感などアップしようと思います。

下鴨神社に初詣@2020

下鴨神社へ、初詣に行ってきました。
蹴鞠始めがあるようで、皆、陣取って始まるのを待っておられましたが、
さっさと参拝を済ませて屋台のお店で腹ごしらえ。
これもひとつの楽しみでした。

LEICA X-E                                                          f:id:gyaos55:20200104123219j:plain

 

あけましておめでとうごあいます@2020

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
昨年11月下旬から年末までは、ボロ雑巾のように働く日が続き、
体力的にもギリギリだったために、
あまり撮影に出かけることができなかったため、
こちらの更新も滞りぎみでした。
今年も変わらず無理のないよう、少しずつ、ときどき、
写真をアップして行こうと思います。
何卒よろしくお願い申し上げます。

f:id:gyaos55:20151213145952j:plain

 

鶴見緑地公園のメタセコイヤ並木をちょっとだけ@2019

仕事で大阪へ行った帰り道。
鶴見緑地公園のメタセコイヤ並木をちょこっと撮ってきました。
縦、横、ワンカットずつアップします。
使用機材は、α7RIV + Voigtlander NOKTON 35mm F1.2 Aspherical II VM です。

↓α7RIV + Voigtlander NOKTON 35mm F1.2 Aspherical II VMf:id:gyaos55:20191223104305j:plain

↓α7RIV + Voigtlander NOKTON 35mm F1.2 Aspherical II VMf:id:gyaos55:20191223104331j:plain

 

光明院の残り紅葉@2019

今年3度目になりますでしょうか、
光明院に、色付いた紅葉が少し残っているかなぁ、と
勝手な期待を持ちながら、訪れてみました。
他の紅葉名所に比べて色付きが遅めだったので、
ちょっとくらいは残っているだろう、と。
で、訪れてみると、ほんのちょっとですが、
色付いた紅葉がありました。
ちょっと残ったその紅葉を、主役にしたり、脇役にしたり、
いろいろな構図、角度から撮影を楽しんできました。
訪れたのはお昼頃で、決して寒い日ではありませんでしたが、
室内から眺める庭園なので、冷えるかなぁ、と思っていたら、
初冬で低い南からの日差しが、たっぷりと室内に注ぎ込んでいます。
先月下旬から、激務の上になかなか治らない風邪のおかげで、
心身ともに少々追い込まれた状態が続いていましたが、
この日はぽかぽか陽気の中で、久々にゆっくりした時間を楽しんできました。
使用機材は、α7SにはCarl Zeiss Sonnar T* 55mm F1.8 ZAを固定。
α7RIVにはフォクトレンダーのレンズ2本。
NOKTON 35mm F1.2 Aspherical II VM と、
SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Aspherical II VM です。

↓α7RIV + Voigtlander NOKTON 35mm F1.2 Aspherical II VMf:id:gyaos55:20191215115851j:plain

↓α7RIV + Voigtlander NOKTON 35mm F1.2 Aspherical II VMf:id:gyaos55:20191215120246j:plain

↓α7RIV + Voigtlander NOKTON 35mm F1.2 Aspherical II VMf:id:gyaos55:20191215120402j:plain

↓α7RIV + Voigtlander NOKTON 35mm F1.2 Aspherical II VMf:id:gyaos55:20191215120523j:plain

↓α7RIV + Voigtlander NOKTON 35mm F1.2 Aspherical II VMf:id:gyaos55:20191215120637j:plain

↓α7RIV + Voigtlander NOKTON 35mm F1.2 Aspherical II VMf:id:gyaos55:20191215120715j:plain

↓α7RIV + Voigtlander NOKTON 35mm F1.2 Aspherical II VMf:id:gyaos55:20191215120750j:plain

↓α7RIV + Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Aspherical II VMf:id:gyaos55:20191215121048j:plain

↓α7RIV + Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Aspherical II VMf:id:gyaos55:20191215122257j:plain

↓α7RIV + Voigtlander NOKTON 35mm F1.2 Aspherical II VMf:id:gyaos55:20191215122527j:plain

↓α7RIV + Voigtlander NOKTON 35mm F1.2 Aspherical II VMf:id:gyaos55:20191215122633j:plain

↓α7RIV + Voigtlander NOKTON 35mm F1.2 Aspherical II VMf:id:gyaos55:20191215123522j:plain

↓α7S + Carl Zeiss Sonnar T* 55mm F1.8 ZAf:id:gyaos55:20191215121530j:plain

↓α7S + Carl Zeiss Sonnar T* 55mm F1.8 ZAf:id:gyaos55:20191215122019j:plain

↓α7S + Carl Zeiss Sonnar T* 55mm F1.8 ZAf:id:gyaos55:20191215123912j:plain

↓α7S + Carl Zeiss Sonnar T* 55mm F1.8 ZAf:id:gyaos55:20191215125138j:plain

↓α7S + Carl Zeiss Sonnar T* 55mm F1.8 ZAf:id:gyaos55:20191215125318j:plain

↓α7S + Carl Zeiss Sonnar T* 55mm F1.8 ZAf:id:gyaos55:20191215125457j:plain