京都周辺気まぐれ風景

京都在住。地の利をいかして神社仏閣によく撮影に出かけます。

仕事帰りに淀の河津桜@2019

つい先日、地元ローカル新聞で、淀の河津桜が見頃になっていると、
記事になっていました。17年前に苗木2本の植樹からスタートして、
今では300本もあるんだとか。
撮影する年としない年がありますが、毎年のように仕事帰りに立ち寄っていながら、
300本もあるとは全く知らず。長い疎水沿いに点々と植えられているからか、
そんなに沢山あるよには思いませんでした。
例年立ち寄る場所のすぐ近くに、コインパーキングが出来ていたので、
これ幸いと駐車し、RX100M3とLEDズーム式ハンディライトをポケットに入れて、
三脚も持って、撮ってきました。
後2週間もすれば、ソメイヨシノも見頃になってくるでしょうか。
楽しみだったり、気忙しい感じもしたり。
今年も気合を入れて、桜の撮影を楽しみたいと思います。

↓RX100M3 + LEDズームライトf:id:gyaos55:20190315212944j:plain

↓RX100M3                                                       f:id:gyaos55:20190315213537j:plain

↓RX100M3 + LEDズームライト(奥の桜はズームライトで照らしてみました)f:id:gyaos55:20190315214141j:plain

 

近所の天満宮で、紅梅白梅を見つけた@2019

近所の駅前でちょっとだけ早咲きの桜を撮った時点で既に夕方、
さらに足を伸ばす時間的猶予が無かったので、
やはり近所の氏神様裏の梅を見に行ってみました。
ところが、既にほとんど散ってしまっていたため、参拝だけ済ませて、
駐車場から車を出そうとして、ふと前方に目をやると、
神社内の小さな天満宮に、チラッと紅梅が見えているじゃないですか。
これは撮らせて頂こうと、やはり参拝させて頂いた後に、
数カットだけ撮ってきました。
小さな木ではありますが、紅梅、白梅がええ塩梅でした。
やはり、α7S + ULTRON 28mm F2 VM で。

f:id:gyaos55:20190303170358j:plain

f:id:gyaos55:20190303170435j:plain

f:id:gyaos55:20190303170606j:plain

f:id:gyaos55:20190303170832j:plain

f:id:gyaos55:20190303171040j:plain

f:id:gyaos55:20190303171110j:plain

近所の駅前で早咲きの桜を@2019

 

散髪屋さんに行ってから、どこか近くで写真を撮るかなぁ、 と思い、
バッグに中にはカメラを入れ、散髪屋さんへ。 ふと駅前に目をやると、
例年このあたりではかなり早く咲く桜が、 なんともう満開状態。
散髪が終わってからちょっとだけ撮ってきました。
α7S + Voigtlander ULTRON 28mm F2 VM です。

f:id:gyaos55:20190303163131j:plain

f:id:gyaos55:20190303163152j:plain

 

京都御苑で梅を愛でたり、御所の一般公開も@2019

京都御苑、出水の小川付近で、
一部見頃を迎えた梅があるとのことで、
久々に京都御苑に行ってきました。
あと1か月もすると、近衛邸跡の枝垂れ桜が見頃になり、
この枝垂れ桜を撮りに行ったことは、何度かありますが、
御苑に梅を撮りに行くのは初めてでした。
ちらほらと花をつけている梅の木が何本かあるなかで、
一部、満開と言っても良さそうな木が少しだけありました。
あれこれと撮ってみて、御苑内を散策しつつ、帰路に向かおうとすると、
御所の出入口が開いており、出入りする人が。
どうやら一般公開しているようだったので、
せっかくだから覗いて行くか、ってことで、京都御所の中に
入ることにしました。以前に一般公開に申し込んで訪れたのは、
もう、20年ほど前でしょうか、まだ写真やカメラを趣味にする以前
のことで、あまり記憶にも残っておりません。
よく手入れが行き届いた御所内はなかなか見応えのあるものでした。
で御所の中を見終えた後は、休憩所へ。
御苑で気になったのは、一部整備されていたことですが、
このカフェのような「休憩所」が出来たことや、トイレが増設されていたことは、
利便性向上の意味では非常に良いとして、どうして、駐車場をわざわざあんなに
狭くしてしまったのか、非常に疑問です。
狭くなっていたせいで、満車になっており、
近くのコインパーキングに止めるはめになりました。
駅近なんだから、地下鉄に乗って来い!ってことなんでしょうかね。
お役所の意図することが良くわかりませんが。
使用機材は、広角担当にLEICA Q、
標準担当にα7RIII + LEICA SUMMILUX-M 50mm F1.4 ASPH.です。

↓α7RIII + LEICA SUMMILUX-M 50mm F1.4 ASPH.f:id:gyaos55:20190224125642j:plain

↓α7RIII + LEICA SUMMILUX-M 50mm F1.4 ASPH.f:id:gyaos55:20190224125838j:plain

↓α7RIII + LEICA SUMMILUX-M 50mm F1.4 ASPH.f:id:gyaos55:20190224130313j:plain

↓α7RIII + LEICA SUMMILUX-M 50mm F1.4 ASPHf:id:gyaos55:20190224130626j:plain

↓α7RIII + LEICA SUMMILUX-M 50mm F1.4 ASPH.f:id:gyaos55:20190224130918j:plain

↓α7RIII + LEICA SUMMILUX-M 50mm F1.4 ASPHf:id:gyaos55:20190224132530j:plain

↓α7RIII + LEICA SUMMILUX-M 50mm F1.4 ASPH.f:id:gyaos55:20190224132814j:plain

↓α7RIII + LEICA SUMMILUX-M 50mm F1.4 ASPHf:id:gyaos55:20190224135636j:plain

↓α7RIII + LEICA SUMMILUX-M 50mm F1.4 ASPHf:id:gyaos55:20190224135839j:plain

↓α7RIII + LEICA SUMMILUX-M 50mm F1.4 ASPHf:id:gyaos55:20190224140545j:plain

↓α7RIII + LEICA SUMMILUX-M 50mm F1.4 ASPHf:id:gyaos55:20190224140345j:plain

↓α7RIII + LEICA SUMMILUX-M 50mm F1.4 ASPHf:id:gyaos55:20190224141104j:plain

↓α7RIII + LEICA SUMMILUX-M 50mm F1.4 ASPHf:id:gyaos55:20190224141200j:plain

↓α7RIII + LEICA SUMMILUX-M 50mm F1.4 ASPH(梅を撮るウチの次女です)f:id:gyaos55:20190224141348j:plain

LEICA Q                                                                 f:id:gyaos55:20190224132105j:plain

LEICA Q                                                                f:id:gyaos55:20190224134619j:plain

LEICA Q                                                                 f:id:gyaos55:20190224140414j:plain

LEICA Q                                                                f:id:gyaos55:20190224142059j:plain

LEICA Q                                                                f:id:gyaos55:20190224145059j:plain

 

下鴨神社でお祓いと、氏神様も@2019

例年、旧正月、つまり節分あたりに家族でお祓いしてもらうのですが、
今年は家族4人の都合がなかなか会わず、この時期にずれこみました。
で、この日でないと都合が会わないという、その日はなんと、
京都マラソン」開催日。
うかうかしていると交通規制で市内が大混雑になります。
よって、早起きして、9時の受付開始に会わせて出掛けました。
撮る写真はというと、いつもの風景、ってことになるのですが、
気持ちよくお祓いしていただき、今年も家内安全で過ごせるといいなぁ、
ってことで。
その後、帰り道には近所の氏神様へも立ち寄って、
白い梅の花も撮ってきました。
使用機材は、フルサイズ超軽量コンビで、 α7S にレンズ1本。
Voigtlander NOKTON 40mm F1.4 SC VM です。
やっぱりこいつ、いい色出してくれます。
梅の花の白も、いろいろな白を描き分けてくれるので、
自然で微妙な立体感をしっかり出してくれるなぁ、と満足しております。

↓α7S + Voigtlander NOKTON 40mm F1.4 SC VMf:id:gyaos55:20190217090047j:plain

↓α7S + Voigtlander NOKTON 40mm F1.4 SC VMf:id:gyaos55:20190217090109j:plain

↓α7S + Voigtlander NOKTON 40mm F1.4 SC VMf:id:gyaos55:20190217092550j:plain

↓α7S + Voigtlander NOKTON 40mm F1.4 SC VMf:id:gyaos55:20190217092854j:plain

↓α7S + Voigtlander NOKTON 40mm F1.4 SC VMf:id:gyaos55:20190217093038j:plain

↓α7S + Voigtlander NOKTON 40mm F1.4 SC VMf:id:gyaos55:20190217093108j:plain

↓α7S + Voigtlander NOKTON 40mm F1.4 SC VMf:id:gyaos55:20190217093332j:plain

↓α7S + Voigtlander NOKTON 40mm F1.4 SC VMf:id:gyaos55:20190217124040j:plain

↓α7S + Voigtlander NOKTON 40mm F1.4 SC VMf:id:gyaos55:20190217124139j:plain

 

城南宮で椿や早咲きの梅を愛でる@2019

2月3日、節分の日曜日。天気予報は、夕方から雨降りのようでしたが、
朝の時点では晴れておりました。
午前中ならば、まず雨に降られることも無いだろうと、
近くで早咲きの梅でも撮るか、ってことで、城南宮へ行ってきました。
確か、どこかに1本ロウバイがあったような気がしていたのですが、
行って見て、自分の勘違いと判明。ロウバイはどこにもありませんでした。
まずは参拝をさせて頂き、神苑へ。枝垂れ梅が咲くころには、神苑内が、
人だらけで大渋滞になりますが、見頃はまだまだ先とあって、この日は
人が少なく、ゆっくりと神苑を散策してきました。
梅の花と、もうひとつのお目当ては、椿の花です。
椿は、あまり沢山咲いているわけではありませんが、
咲いているもの、落ちているもの、いろいろアングルを考えながら
撮影を楽しんできました。
使用機材は、α7RIIIにレンズ3本。
広角には久々に持ち出した、Voigtlander NOKTON 35mm F1.2 Aspherical II VM
標準には、LEICA SUMMILUX-M 50mm F1.4 ASPH.
中望遠には、Carl Zeiss Sonnar T* 135mm F1.8 ZA
とういう構成です。

↓α7RIII + Voigtlander NOKTON 35mm F1.2 Aspherical II VMf:id:gyaos55:20190203110653j:plain

↓α7RIII + Voigtlander NOKTON 35mm F1.2 Aspherical II VMf:id:gyaos55:20190203110727j:plain

↓α7RIII + Voigtlander NOKTON 35mm F1.2 Aspherical II VMf:id:gyaos55:20190203111231j:plain

↓α7RIII + Voigtlander NOKTON 35mm F1.2 Aspherical II VMf:id:gyaos55:20190203111312j:plain

↓α7RIII + Voigtlander NOKTON 35mm F1.2 Aspherical II Vf:id:gyaos55:20190203111822j:plain

↓α7RIII + Voigtlander NOKTON 35mm F1.2 Aspherical II VMf:id:gyaos55:20190203111956j:plain

↓α7RIII + Carl Zeiss Sonnar T* 135mm F1.8 ZAf:id:gyaos55:20190203112319j:plain

↓α7RIII + Carl Zeiss Sonnar T* 135mm F1.8 ZAf:id:gyaos55:20190203113031j:plain

↓α7RIII + Carl Zeiss Sonnar T* 135mm F1.8 ZAf:id:gyaos55:20190203113139j:plain

↓α7RIII + Carl Zeiss Sonnar T* 135mm F1.8 ZAf:id:gyaos55:20190203113311j:plain

↓α7RIII + Carl Zeiss Sonnar T* 135mm F1.8 ZAf:id:gyaos55:20190203113353j:plain

↓α7RIII + Carl Zeiss Sonnar T* 135mm F1.8 ZAf:id:gyaos55:20190203113516j:plain

↓α7RIII + Carl Zeiss Sonnar T* 135mm F1.8 ZAf:id:gyaos55:20190203113636j:plain

↓α7RIII + Carl Zeiss Sonnar T* 135mm F1.8 ZAf:id:gyaos55:20190203114329j:plain

↓α7RIII + Carl Zeiss Sonnar T* 135mm F1.8 ZAf:id:gyaos55:20190203114822j:plain

↓α7RIII + LEICA SUMMILUX-M 50mm F1.4 ASPH.f:id:gyaos55:20190203115735j:plain

↓α7RIII + LEICA SUMMILUX-M 50mm F1.4 ASPH.f:id:gyaos55:20190203115843j:plain

詩仙堂の雪景色@2019

曼殊院で雪景色を満喫した後、ここ詩仙堂にも立ち寄ってみました。
こちらは何度か訪れたことがありましたが、
雪景色を撮りに来るのは、初めてです。
曼殊院と違って、訪れた際にはすでに多くの人が、撮影を楽しんでおられました。
皆、マナーが良くて、映える撮り方を心得ている人ばかり。
境内には十数人がいらっしゃったと思いますが、
このように、人が写らないカットを撮ることがいくらでも出来ました。
皆がそれぞれ、お互いを気遣い、邪魔にならないよう、順番待ちなどして、
ほんとに気持ちよく撮影してこれました。
使用機材は、LEICA Q と、α7RIII + NOKTON 40mm F1.2 Asphericalです。

↓α7RIII + Voigtlander NOKTON 40mm F1.2 Asphericalf:id:gyaos55:20190127100705j:plain

↓α7RIII + Voigtlander NOKTON 40mm F1.2 Asphericalf:id:gyaos55:20190127100738j:plain

LEICA Q                                                                        f:id:gyaos55:20190127100937j:plain

↓α7RIII + Voigtlander NOKTON 40mm F1.2 Asphericalf:id:gyaos55:20190127101009j:plain

↓α7RIII + Voigtlander NOKTON 40mm F1.2 Asphericalf:id:gyaos55:20190127101106j:plain

↓α7RIII + Voigtlander NOKTON 40mm F1.2 Asphericalf:id:gyaos55:20190127101300j:plain

LEICA Q                                                                       f:id:gyaos55:20190127102309j:plain

↓α7RIII + Voigtlander NOKTON 40mm F1.2 Asphericalf:id:gyaos55:20190127102054j:plain

LEICA Qf:id:gyaos55:20190127102405j:plain

↓α7RIII + Voigtlander NOKTON 40mm F1.2 Asphericalf:id:gyaos55:20190127102431j:plain

↓α7RIII + Voigtlander NOKTON 40mm F1.2 Asphericalf:id:gyaos55:20190127102623j:plain

↓α7RIII + Voigtlander NOKTON 40mm F1.2 Asphericalf:id:gyaos55:20190127103254j:plain

↓α7RIII + Voigtlander NOKTON 40mm F1.2 Asphericalf:id:gyaos55:20190127103420j:plain

↓α7RIII + Voigtlander NOKTON 40mm F1.2 Asphericalf:id:gyaos55:20190127103653j:plain

↓α7RIII + Voigtlander NOKTON 40mm F1.2 Asphericalf:id:gyaos55:20190127103957j:plain

↓α7RIII + Voigtlander NOKTON 40mm F1.2 Asphericalf:id:gyaos55:20190127104043j:plain

↓α7RIII + Voigtlander NOKTON 40mm F1.2 Asphericalf:id:gyaos55:20190127104326j:plain