京都周辺気まぐれ風景

京都在住。地の利をいかして神社仏閣によく撮影に出かけます。

猿丸神社へ初めて行ってきた@2019

京都府宇治田原町にある、猿丸神社に、初めて行ってきました。
住所は京都府ですが、滋賀県との県境近くにあります。
この日は撮影とは別の目的があって行ったのですが、
青モミジや秋の紅葉も綺麗なところだそうで、
一応カメラも持って、数カットだけ撮ってきました。
使用機材は、LEICA X-E です。
このカメラが描き出す緑は、ほんとに綺麗ですね。

LEICA X-Ef:id:gyaos55:20190713105621j:plain

LEICA X-Ef:id:gyaos55:20190713105912j:plain

LEICA X-Ef:id:gyaos55:20190713110225j:plain

LEICA X-Ef:id:gyaos55:20190713110349j:plain

LEICA X-E                                                        f:id:gyaos55:20190713110505j:plain

 

光明院で初めて、静寂な庭園を楽しんできた@2019

東福寺塔頭の、光明院へ初めて行ってきました。
新緑や紅葉が美しい庭園とのことで、ほんとうはもう少し早い時期、
5月の新緑の頃に訪れてみたかったんですが、なかなかタイミング無く、
結局は7月に入ってからになりました。
拝観料は、勝手に竹筒の中に入れるだけ、受付の方は誰もおらず、
私が入る時点で、靴置き場には2〜3名ほどの靴がありましたが、
とにかく静かな様子です。
建物を奥へ進むと、想像を超える立派な規模のお庭が見えてきました。
そして、とにかく静かです。鳥のさえずりさえも聞こえず。
最近は、過去に穴場だったようなお寺に行っても、
観光客が沢山訪れるようになっていることが多くなってきましたが、
自分が写真を撮るシャッター音が、大きく聞こえるような環境は久々でした。
すでに少し濃い緑になり、新緑色ではありませんが、それでも美しい緑と、
静寂な庭園を堪能させていただきました。
使用機材は、α7RIII にレンズ3本。
Voigtlander ULTRON 28mm F2 VM
LEICA SUMMILUX-M 50mm F1.4 ASPH、
SONY FE 135mm F1.8 GM です。

↓α7RIII + Voigtlander ULTRON 28mm F2 VMf:id:gyaos55:20190707114344j:plain

↓α7RIII + Voigtlander ULTRON 28mm F2 VMf:id:gyaos55:20190707114801j:plain

↓α7RIII + Voigtlander ULTRON 28mm F2 VMf:id:gyaos55:20190707114844j:plain

↓α7RIII + Voigtlander ULTRON 28mm F2 VMf:id:gyaos55:20190707115504j:plain

↓α7RIII + Voigtlander ULTRON 28mm F2 VMf:id:gyaos55:20190707115650j:plain

↓α7RIII + SONY FE 135mm F1.8 GMf:id:gyaos55:20190707120005j:plain

↓α7RIII + SONY FE 135mm F1.8 GMf:id:gyaos55:20190707120044j:plain

↓α7RIII + Voigtlander ULTRON 28mm F2 VMf:id:gyaos55:20190707120339j:plain

↓α7RIII + Voigtlander ULTRON 28mm F2 VMf:id:gyaos55:20190707120442j:plain

↓α7RIII + Voigtlander ULTRON 28mm F2 VMf:id:gyaos55:20190707121319j:plain

↓α7RIII + Voigtlander ULTRON 28mm F2 VMf:id:gyaos55:20190707121523j:plain

↓α7RIII + Voigtlander ULTRON 28mm F2 VMf:id:gyaos55:20190707121831j:plain

↓α7RIII + LEICA SUMMILUX-M 50mm F1.4 ASPH.f:id:gyaos55:20190707122355j:plain

↓α7RIII + LEICA SUMMILUX-M 50mm F1.4 ASPH.f:id:gyaos55:20190707122751j:plain

↓α7RIII + LEICA SUMMILUX-M 50mm F1.4 ASPH.f:id:gyaos55:20190707122833j:plain

↓α7RIII + LEICA SUMMILUX-M 50mm F1.4 ASPH.f:id:gyaos55:20190707123031j:plain

↓α7RIII + LEICA SUMMILUX-M 50mm F1.4 ASPH.f:id:gyaos55:20190707123400j:plain

 

↓α7RIII + LEICA SUMMILUX-M 50mm F1.4 ASPH.f:id:gyaos55:20190707123614j:plain

↓α7RIII + LEICA SUMMILUX-M 50mm F1.4 ASPH.f:id:gyaos55:20190707123719j:plain

 

東福寺でちょっとだけ蓮を撮ってきた@2019

東福寺で、蓮をちょっとだけ。
今日は東福寺塔頭である、光明院に行ってみたい、と思い、
それならば、東福寺に車を止めて、蓮も撮らせて頂こう、という事で。
もちろん、本堂で参拝をさせて頂いてから。
そして相変わらず、観光客が多いです。
夏の東福寺で、拝観者があんなに沢山居ることは、
数年前までは無かったことです。
ただ、以前には方々でマナーの悪さを指摘されていたお国の方々も、
最近は随分とマナーが良くなったと実感します。
むしろ、国内の年配者の方が、マナーの悪い人は多いと感じます。
例えば、狭い通路のすれ違いなど、お互いに譲り合えばスムーズにすれ違いが出来る、
神社仏閣では、そんなシーンが意外と多いわけですが、我々より上の世代の方々には、
そんなこと、お構いなしに突っ込んで来て、我が道を歩もうとする人が多いです。
日本人って、昔はもっと他人に気遣いが出来る人種だったと思うのですが。
こればかりは人それぞれですから、自分は自分で、大切に思っていることを
行動で示していきたいと思います。
話しが逸れましたが、ココの池に咲いている蓮、
時期的には少し早いように思いますが、既に見頃でした。
で、池には蚊も多いです。
撮っては動き、を繰り返さないと、たちまち蚊の餌食になってしまいます。
何故か、蚊に好かれる体質なもので。w
今日の機材は、α7RIIIにレンズ3本。
Voigtlander ULTRON 28mm F2 VM
LEICA SUMMILUX-M 50mm F1.4 ASPH、
SONY FE 135mm F1.8 GM です。

↓α7RIII + Voigtlander ULTRON 28mm F2 VMf:id:gyaos55:20190707112714j:plain

↓α7RIII + Voigtlander ULTRON 28mm F2 VMf:id:gyaos55:20190707113006j:plain

↓α7RIII + SONY FE 135mm F1.8 GMf:id:gyaos55:20190707113154j:plain

↓α7RIII + SONY FE 135mm F1.8 GMf:id:gyaos55:20190707113250j:plain

↓α7RIII + SONY FE 135mm F1.8 GMf:id:gyaos55:20190707113311j:plain

↓α7RIII + Voigtlander ULTRON 28mm F2 VMf:id:gyaos55:20190707113650j:plain

↓α7RIII + LEICA SUMMILUX-M 50mm F1.4 ASPH.f:id:gyaos55:20190707124520j:plain

↓α7RIII + LEICA SUMMILUX-M 50mm F1.4 ASPH.f:id:gyaos55:20190707124602j:plain

↓α7RIII + LEICA SUMMILUX-M 50mm F1.4 ASPH.f:id:gyaos55:20190707124958j:plain

↓α7RIII + LEICA SUMMILUX-M 50mm F1.4 ASPH.f:id:gyaos55:20190707125305j:plain

 

曇空の東京駅

一泊の出張で東京へ。
帰りは東京駅から新幹線に乗る前に、このカットを撮りました。
東京駅のリフレクションを、よくSNSで見かけますが、
皆、雨上がりにでも撮りに行っているものだと思っていたら、
打ち水システム」とかいうものがあって、
一定区域に緩やかな水流があって、でもほぼ水たまりなんですね。
皆、ココで撮っていたのかぁ、となって、自分も。
使用機材は、仕事用に持って行ってたこのコンビです。

↓α7RIII + TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD 

f:id:gyaos55:20190705134700j:plain

 

夕焼けの巨椋池

仕事を終えて、社屋の外に出ると、まだ日没前。
早くに仕事を終えたので、また、田んぼと夕焼けを撮れるかなぁ、
と思いつつ、巨椋池方面へ。
この日持っていたカメラはRX100M3だったんですが、
α7Sとは随分とダイナミックレンジに差があるようで、
今見えている夕焼色はなかなか出てくれませんね。
1インチセンサーをフルサイズ低画素センサーと比べるのは酷な話でしょうけれどね。
何カットか撮り終えて、車を止めていた場所へ向かう途中、線路沿いを歩くと、
北の空までも、随分と焼けている様子、これは電車が通過するときに、
ボディに夕焼けが反射したカットが撮れるかも、
ってことで撮ったのが、下のカットです。
見えていた印象どおりの絵は出してくれませんでしたので、
いや、自分の腕の悪さも手伝ってか、
彩度を上げたり印象重視に仕上げております。

↓RX100M3                                                   f:id:gyaos55:20190625194653j:plain

↓RX100M3                                                   f:id:gyaos55:20190625195436j:plain

 

智積院で紫陽花や緑を楽しんできた@2019

土曜日の天気予報では、お昼過ぎまでは晴れ、その後は曇りになるとのことで、
晴れている内に、紫陽花を撮っておきたいなぁ、と思い、 智積院へ行ってきました。
紫陽花の撮影スポットとしては、有名どころや、ちょっとマイナーなところなど、
いくつかあったわけですが、最近はインスタの影響か、
完全に穴場だったところまで、すっかり有名になってしまって、
もう、穴場スポットなど無いのではないか、って状況になってきましたね。
この智積院も、つい2~3年前までは、ここで紫陽花を撮る人なんて、
ほとんどおらず、ゆっくり一人で撮っていたら、カラスに話しかけられたw
ってこともありましたが、この日は沢山の人が。
まず、訪れた際に小さな案内板が立っていて、なんだ?と確認したら、
「写真コンテスト開催中」とかで、モデルさんを取り囲む多くのアマカメラマンが。
しばらくしてそれが終わったら、今度は着物を着た男女の学生っぽい人達が。
一応、そこそこちゃんとした機材を持っていたので、どこかの大学の写真部とか
なのかなぁ、と思っていたのですが、とにかく賑やかで。
一応、神聖なお寺の境内で、尚且つすぐ傍には、墓地もあるのに、
その騒がしいのはどうなん?と思いましたが、
まあ、若い女性も同行して、若気の至り、ってことだと、そうなるよねー。
自分は自分で撮影を楽しんできました。
そんなに広い境内でも無く、尚且つ紫陽花が咲いている場所も限られているので、
1時間ほど撮って帰るつもりが、撮り出すとなかなか納得いかず、
結果、やはり2時間ほど、うろうろと撮ってきました。
使用機材は、α7S には、Voigtlander ULTRON 28m F2 VM を固定、
α7RIII にはレンズ2本、
LEICA SUMMILUX-M 50mm F1.4 ASPH.と、 SONY FE 135mm F1.8 GM です。
α7S に ウルトロン28mmは、絞り開放だと周辺の流れが結構ありますね。
やはりこのレンズの場合は、裏面照射型センサーのα7RIIIの方が、
マッチングがいいようです。

↓α7S + Voigtlander ULTRON 28mm F2 VMf:id:gyaos55:20190622105829j:plain

↓α7S + Voigtlander ULTRON 28mm F2 VMf:id:gyaos55:20190622110323j:plain

↓α7S + Voigtlander ULTRON 28mm F2 VMf:id:gyaos55:20190622110950j:plain

↓α7S + Voigtlander ULTRON 28mm F2 VMf:id:gyaos55:20190622111522j:plain

↓α7S + Voigtlander ULTRON 28mm F2 VMf:id:gyaos55:20190622112620j:plain

↓α7S + Voigtlander ULTRON 28mm F2 VMf:id:gyaos55:20190622112750j:plain

↓α7RIII + SONY FE 135mm F1.8 GMf:id:gyaos55:20190622113753j:plain

↓α7RIII + SONY FE 135mm F1.8 GMf:id:gyaos55:20190622114907j:plain

↓α7RIII + SONY FE 135mm F1.8 GMf:id:gyaos55:20190622115204j:plain

↓α7RIII + SONY FE 135mm F1.8 GMf:id:gyaos55:20190622115303j:plain

↓α7RIII + SONY FE 135mm F1.8 GMf:id:gyaos55:20190622115408j:plain

↓α7RIII + LEICA SUMMILUX-M 50mm F1.4 ASPH.f:id:gyaos55:20190622115747j:plain

↓α7RIII + LEICA SUMMILUX-M 50mm F1.4 ASPH.f:id:gyaos55:20190622115816j:plain

↓α7RIII + LEICA SUMMILUX-M 50mm F1.4 ASPH.f:id:gyaos55:20190622120022j:plain

↓α7RIII + LEICA SUMMILUX-M 50mm F1.4 ASPH.f:id:gyaos55:20190622120335j:plain

↓α7RIII + LEICA SUMMILUX-M 50mm F1.4 ASPH.f:id:gyaos55:20190622120724j:plain

↓α7RIII + LEICA SUMMILUX-M 50mm F1.4 ASPH.f:id:gyaos55:20190622120820j:plain

↓α7RIII + LEICA SUMMILUX-M 50mm F1.4 ASPH.f:id:gyaos55:20190622121049j:plain

↓α7RIII + LEICA SUMMILUX-M 50mm F1.4 ASPH.f:id:gyaos55:20190622121144j:plain

↓α7RIII + LEICA SUMMILUX-M 50mm F1.4 ASPH.f:id:gyaos55:20190622121355j:plain

↓α7RIII + LEICA SUMMILUX-M 50mm F1.4 ASPH.f:id:gyaos55:20190622121759j:plain

↓α7RIII + LEICA SUMMILUX-M 50mm F1.4 ASPH.f:id:gyaos55:20190622121928j:plain

↓α7RIII + LEICA SUMMILUX-M 50mm F1.4 ASPH.f:id:gyaos55:20190622122022j:plain

↓α7S + Voigtlander ULTRON 28mm F2 VMf:id:gyaos55:20190622123045j:plain

 

六尊王神社の紫陽花を夜に撮る@2019

今週末には紫陽花を撮りに行きたいなぁ、と思いつつ、
夜の紫陽花なんて、撮れるところがあるといいのになぁ、
と考えると、わりと身近にあったことに気付いた次第。
職場から京都市内中心部へ車で出る際には、
抜け道として良く通過するところに、六尊王神社があります。
この神社の境内では無く、道路に面したところに、
毎年モリモリと紫陽花が咲いているのを思い出しました。
もともと混雑が無いからこそ、抜け道として利用していたところで、
夜には交通量は非常に少なくなります。
仕事を終えてから立ち寄ったので、
じっくり腰を据えて撮るほどのことも無く、
路駐でササッと撮ってきました。
使用機材は、我らが夜のお供w、α7S に明るい広角レンズを付けて。
Voigtlander ULTRON 28mm F2 VM です。
最後のカットは、新幹線が通過するのを待って撮ってみましたが、
だからどう、ってこともありませんでしたね。w
何れのカットもISO51200です。
ISO AUTO 時の最大値に設定している感度ですが、
ブログ用としては、文句ナシです。
このカメラ、夜のお供に最高!

↓α7S + Voigtlander ULTRON 28mm F2 VMf:id:gyaos55:20190620194807j:plain

↓α7S + Voigtlander ULTRON 28mm F2 VMf:id:gyaos55:20190620195007j:plain

↓α7S + Voigtlander ULTRON 28mm F2 VMf:id:gyaos55:20190620195135j:plain

↓α7S + Voigtlander ULTRON 28mm F2 VMf:id:gyaos55:20190620195812j:plain